毛生え薬:髪と健康 U

髪は、「髪は健康のバロメーター」だと前回、ご紹介をしました。
その他にも、「髪は心のバロメーター」とも言われています。

というのは、ストレスなどで心が病んでいると髪にも影響が出てきてしまいます。
髪が抜け、薄毛になってしまう事もあります。
抜け毛や薄毛が気になり、いろいろな毛生え薬や育毛剤などを試している方もいるかと思います。
あれだけ薄毛で悩んでいたのに、ストレスが無くなったとたんに髪の悩みも無くなった…という方も実際にいらっしゃいます。
ストレスが解消された事で、髪が生えてきたという方もいるのです。
心が元気であれば髪も元気になり、逆にこれがストレスなどで心が病んでいれば髪も不健康サインを出しているかもしれません。
「髪は心のバロメーター」という事が理解できますよね。

この抜け毛や薄毛の原因は、人それぞれであり上記のようにストレスが原因となっている方や生活習慣の乱れが原因の方もいるでしょう。
その他には、食生活や運動不足そしてタバコや飲酒等が原因となっている事も多いです。
抜け毛や薄毛の原因で考えられるのが、血流の問題です。
血液の流れが悪いと頭皮にも血液が流れにくく、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。
タバコなどは、体の血液の流れを悪くしてしまうので頭皮にも血液が届かなくなり薄毛や抜け毛へと繋がってしまいます。
お酒は、適度の量であれば良いのですが毎晩お酒を飲み過ぎてしまう方であれば健康や髪にも良くありません。
薄毛や抜け毛は、大量に飲んだお酒のアルコールが原因となっている事もあるのです。

毛生え薬:髪と健康

私達、人間にとって大事な髪。
その髪が、一日にどれくらい抜けているか知っていますか?

その数は50本〜60本だと言われています。
そんなにたくさん毎日抜けてるの!?と驚かれている方もいるでしょうね。
私達の髪は、日々抜けてそして新しい髪へと作り出されてます。

最近は、髪が薄い事で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
昔までは、薄毛や抜け毛で悩む方と言えば中年の男性というイメージを抱いている方もいるでしょうね。
ですが、最近では若い女性の方でも薄毛で悩んでいる方も多くなりました。
年齢や性別を問わずに薄毛や抜け毛で悩んでいるという事なのです。

そして昔から、髪は健康のバロメーターだと言われていますよね。
髪は私達の体と大きく関係をしていると言われています。
髪の状態を見るだけで、その人が健康なのかどうか?を判断する事も出来るそうです。
その理由についてご説明しましょう。

私達は、朝・昼・晩と毎日食事を取ります。
この食事からエネルギーとなる栄養を摂り込んでいますよね。
一番最初に栄養分が届くのが、心臓や肝臓、そして脳などの生命に関わる重要な器官へ流れていきます。
そして、体が疲労していればその疲労を回復する為に摂り込まれた栄養分がそちらへ消費されていきます。
そして、最後に回ってくるのが髪や爪など生命には直接関係の無い所に栄養分が回ってきます。
残りの栄養分が髪に回ってくるのですから、髪が健康であれば当然ながら体も元気であるという事が言えるのです。

毛生え薬:髪の役割

髪は、どうしてあるのか?考えた事がありますか?
髪にはどんな理由があるのか?ご存知でしょうか?

私達人間は、大昔には全身を体毛で覆われていました。
ですが、現代の私達には頭部などは毛で覆われていますよね。
何故、大昔にあった全身を包む長い体毛が無くなったかと言いますと洋服を着るようになったからだと言われています。
私達の体は、暑さや寒さなどから自分の体を守る為に衣類を着るようになりました。
衣類を着る事で外からの危険を守る事が出来るようになり、体毛が要らなくなり退化していったと考えられています。

しかし、現代人の頭部は髪で覆われていますよね。
頭部は、脳などがあり私達にとってはとても大事な部分でもあります。
脳は、私達が物事を考えたりまた行動をしたりする司令をする役割があります。
髪は、この大事な脳を外部からの刺激から守ったり高温や低温など外気温から頭(脳)を守る役割があります。

私達は日々の生活の中で、体にとって有害な物質を体内の中へ摂り込まれてしまっています。
「有害物質なんて食べてない」とおっしゃる方もいるでしょうね。
ですが、農薬や魚介類の中に含まれている水銀やカドミウムなどを知らず知らずのうちに体内へ入ってきているのです。
また、ジュースや缶詰、鍋などから溶け出しているアルミニウムなども少なからず体内へ摂り入れられているのです。
上記のような有害物質が、体内で溜まってしまうとどうなると思いますか?
体の中で様々な所に悪影響を及ぼし、健康が損なわれてしまうかもしれません。

ここで、活躍するのが私達の体毛や髪。
体毛や髪はこの有害物質を体の外へ出してくれるのです。