毛生え薬とシャンプーについて

かつて髪が生えてくる育毛剤系のことを毛生え薬などと呼ばれていましたね。

薄毛に悩む男性は昔からいたもので、あの豊臣秀吉も、織田信長からおね(高台院)への手紙の内容で「あのハゲ鼠」呼ばわりしたという説があるそうです。

昔はあえて髪を剃ったりして、今から考えるとかなりおかしな髪型にしていたにもかかわらず、
天然のハゲには厳しかったのでしょうかね

今の時代でも薄毛に悩む方は多いですが、永遠になくならない悩みなのでしょうか。

貼る、植える、増やすなどという様々な方法があるものの、多くの効果があるとされるものは高額。

なので一般の人達から支持されているのがいわゆる毛生え薬である育毛剤ですよね。
ですが近年ではシャンプーの効果も期待されるようになり、ノンシリコンシャンプーなんかでも薄毛予防になると言われています。

ノンシリコンシャンプーは頭皮に詰まりにくいシャンプーなので、
健康な髪が生えてくる頭皮環境を作ってくれるのに一役買っているんですね。

毛生え薬:毛生えシャンプー

毛生え薬というと育毛剤や“飲む毛生え薬”が知られていますが、毛生えシャンプーなるものもあります。
シャンプーですから、薬というイメージはあまりないかもしれません。
これは「発毛シャンプー」とも呼ばれています。
有名どころでは「スカルプD」が毛生えシャンプーの一種ですから、育毛剤に近いというイメージはあるかもしれませんね。

毛生え薬や育毛剤というと、あまりオシャレなイメージがないため女性が使用するには抵抗がある方もいらっしゃいますが、日々の習慣であるシャンプーとして行うのであればそうでもありません。
使うシャンプーが、洗髪だけでなく髪を健康にする効果もあるというだけなので。
ただ、他の毛生え薬と同様に、毛生えシャンプーも男性向けや女性向けのものがあるので、注意しなくてはなりません。
上記で挙げた「スカルプD」は男性向けです。

毛生えシャンプーでなくても、シャンプーの方法については男女それぞれで異なる注意点があるものです。
通常の市販のシャンプーであればほとんどの商品が男女兼用ですが、シャンプー方法は異なります。
男性の中には1度に2回シャンプーする人がいらっしゃいます。
確かにその方がシャンプーの泡立ちが良くなりスッキリ感も増すのですが、女性が2回もシャンプーを繰り返しては皮脂が落ちすぎてしまうのです。
男性に比べて、女性の皮脂は少なめです。
もちろん、男性でも毎日2回シャンプーするというのは、人によって良くない場合もあるので注意しなくてはなりません。

毛生え薬の一種とはいえ、毛生えシャンプーということは洗髪の役目も果たしているということ。
シャンプー剤として自分の髪に適しているかということも、しっかり考慮する必要があります。

毛生え薬:飲む毛生え薬

飲む毛生え薬が日本で認可されたのは2005年のことで、意外とまだ歴史が浅くなっています。
海外ではそれ以前からも使われており、フィナステリドという商品がアメリカのメルク社から開発・販売されていました。
今では「プロペシア」という名で日本でも知られており、万有製薬からこの飲む毛生え薬が販売されています。

飲む毛生え薬の効能は、脱毛の原因となるDHTというタンパク質が生成されるのを防ぐことです。
DHTは男性ホルモンで、育毛機能の妨げにもなります。
本来体機能として持っている育毛機能を活かしつつ、その妨げとなるDHTを押さえこむのが、飲む毛生え薬の役割です。

このDHTですが、髪に対しては脱毛の原因となるくせに、他の体毛に対しては成長を促進させるという面白い効果を持っています。
加齢するにつれて髪が薄くなりつつあるけれど、ヒゲは逆に濃くなってきてるなんてことがあれば、DHTが増加してきたためかもしれません。
そんなときこそ、飲む毛生え薬が役に立つでしょう。

DHTは男性ホルモンですが女性にも少なからずあるので、女性にも飲む毛生え薬の効果は期待できます。
ですが、今後妊娠・出産を考えているのであれば、胎児への影響が懸念されるため安易な服用は避けるべき。
子どもを産んだのが何年も前で妊娠の予定は無く、利尻ヘアカラーといった白髪染めに興味を抱くお年頃でしたら安心でしょう。

ちなみに、本来の発毛機能がほぼ失われていると効果は期待できませんので、ご注意ください。

毛生え薬の種類

最近では、男性や女性と問わずに薄毛で悩んでいる方が多くなりました。
それに伴い、毛生え薬(育毛剤)なども多く売られています。
その種類も豊富で、次々に新しい毛生え薬が販売されています。
気になる髪にどの毛生え薬が効果があるのか?分からない事が多いですよね。
どれを購入すれば良いのか?さっぱり分からないという方もいるでしょう。

前回は、薄毛に原因について少しお話しをしましたが薄毛の原因は、人により様々ですよね。
まずは、自分の薄毛原因を知る事が大事だと言えるでしょう。
その原因を知り、毛生え薬を選ぶ事でその効果も高くなるかと思います。
それでは、現在、販売されている毛生え薬の種類についてご紹介しましょう。

◇毛生え薬:血行促進タイプ
頭皮の血行を良くするように促すタイプ。
毛乳頭の栄養を補給する事で、髪の成長を促すように作られている。

◆毛生え薬:男性ホルモン抑制タイプ
毛母細胞の働きを鈍くしてしまう男性ホルモンを抑えるように作られている。

◇毛生え薬:細胞を活性化させるタイプ
髪の毛に大切なビタミンなどを補給することにより、毛母細胞に直接働きかけます。
ビタミンを補給する事で細胞を活性化させる。

◆毛生え薬:皮脂分泌を抑制するタイプ
髪が生えてくるのに邪魔をする皮脂を抑制する。

毛生え薬の種類は大きく分けると、上記のような種類に分かれます。
誰もが自分に効果のある毛生え薬を使用したいと思われるかと思いますがその効果を知るにはある程度使用をしないと分からないかと思います。
最低でも、3ヵ月〜半年くらいは使用をしてみると良いかと思いますよ。