毛生え薬:女性の使用は禁止!?

前回、初心者なら予防のための毛生え薬を・・・というようなことを説明させていただきましたが、これは全ての人にお勧めできる使用法ではないことを念頭に留めておいていただきたいと思います。
特に、女性は注意が必要です。

男性にはない女性特有の体の変化として、妊娠・出産があります。
育毛剤など毛生え薬の一種といえるものの中には、胎児に影響が出る危険なものも少なくありません。
女性自身には影響はなくても、胎児に影響が出るとあれば命に関わる一大事です。
可能性としては、奇形児が生まれることも考えられるため、妊娠中、あるいは今後妊娠の予定がある女性の使用が禁止されているのです。

女性が薄毛になる原因の一つに、妊娠や出産、またその際のストレスがあります。
これも女性特有のことですが、そんな女性の薄毛対策のために毛生え薬を使うというのは言語道断。
予防のためとはえい毛生え薬を使用してはいけないというのは、こんな場合です。

女性が毛生え薬を使用することの危険性は前々回にも少し説明させていただきましたが、前回の毛生え薬使用法ばかりを真に受けて、将来結婚・出産するかもしれない独身女性が毛生え薬を使う・・・なんてことのないようご注意ください。
最近は「非婚」といって結婚しないと決心している女性も多いと聞きますが、将来はどうなるか分かりません。
将来いつか出産の可能性がある以上は、毛生え薬を使用しないことをお勧めいたします。
どうしても使う必要があれば、医師との相談の上胎児に影響のないものをお選びください。

毛生え薬:育毛初心者なら

毛生え薬にも少なからず副作用があります。
体に何らかの作用をもたらす薬品であるため、狙った効果以外の影響も出てしまうのは仕方が無いことといえるでしょう。
毛生え薬にありがちな副作用は、以前にも紹介したとおり。
毛を生えさせるつもりが、脱毛器で抜いたかのような逆の結果に・・・!というほどの重厚な副作用はさすがにありませんが、なるべく副作用の少ない商品を選ぶようにしなくてはなりません。

毛生え薬の有名なものとなると、その多くは米国など海外製品になります。
これらは生産国、及び日本ででも臨床試験がされているため、どのような副作用が懸念されているのか調べればすぐに分かるでしょう。
対し、国内産の製品には副作用があまり記載されていません。
これは臨床試験がされてないわけではなく、また副作用が皆無というわけでもなく、副作用を明確にしていない商品が出回っている危険性もあるということです。
もちろん、国内のものでも安全なものもあり、それらは人気商品を調べれば一目瞭然でしょう。

ただ、副作用がたくさん記載されている海外製品と、副作用が隠されているかもしれない国内製品、どちらを選んだら良いのか不安なときもあるかと思います。
おそらく毛生え薬初心者がこういった点で迷うかと思いますが、そんなときは効果が穏やかな毛生え薬を選ぶと良いでしょう。
効果が穏やかというのは、効果が弱いという意味ではありません。
直接毛が生えるような製品ではなく、予防のための製品ということ。
まずは、育毛ではなく、抜け毛予防から始めてみてはいかがでしょうか。

毛生え薬:選ぶ際の注意

毛生え薬の種類には、以前にも紹介したとおり血行促進タイプや細胞活性化タイプといくつかありますが、共通して髪の成長を促進させる(或いは抜け毛の原因などを抑制する)ということが言えます。
毛生え薬とはいっても、毛に直接作用して生えさせるというわけではありません。
毛が生える仕組みに間接的に作用しているのです。

育毛剤や養毛剤も同じです。
これらも成長促進剤で、皆さんもそのことは心得ているでしょう。
育毛剤や養毛剤にも様々なタイプや種類があり、それぞれ個人に合ったものを見極めて選ばなくては効果が期待できません。

ですが、毛生え薬はその呼び方からか、直接毛が生えるものというイメージがあります。
毛生え薬も成長促進剤に過ぎません。
決して便利アイテムというわけではなく、こちらもそれぞれに合う種類を選ぶ必要があるので、ご注意ください。

かつては髪に関する悩みというと男性特有の悩みと考えられていました。
それは男性ホルモンの関係で男性が薄毛や抜け毛になりやすいためですが、最近は女性も育毛に関心を持ったりと、毛生え薬にその効果を求める人が多くなっています。
それだけに、毛生え薬や育毛剤には様々なものが発売されていますが、ご利用の際には正しい知識を持って選ぶ必要があります。
選び方を間違えば、髪の問題だけでなく毛生え薬の副作用に悩まされることになりかねません。
最近は口コミなども信憑性がありますが、少なくとも先天的なイメージのみで安易に選んでしまわないようにしましょう。

毛生え薬:副作用

どんな薬でも、少なからず副作用があると言われています。
もちろん、毛生え薬にも副作用があると言う事を覚えておきましょう。

一番、多い毛生え薬の副作用というのが頭皮のかゆみでしょう。
肌が弱い方やその毛生え薬が合わなければ強いかゆみを伴う事があります。
毛生え薬の副作用について調べてみましょう。

<毛生え薬の副作用>
・性欲減退
・低血圧
・多毛症
・不整脈や動悸が多くなる
・頭痛やめまいが多くなる
・手足や顔がしびれる
・手足や顔がむくむ
・胸痛
・体重が急に増える
・赤ら顔になったり、にきびが増える
・発しんが出来る
・皮膚が紅潮してしまう

前回、ご紹介をして血行良くする成分として言われているミノキシジルは副作用が強い薬品だと言われています。
万が一、このこのミノキシジルが成分の毛生え薬を使用して上記のような副作用が出た場合には使用するのを止めて下さい。
そして、すぐに病院へ行って診察を受けてください。

毛生え薬には、命にかかわるような副作用があると言われてはいませんがやはり薬ですので使用の際には用量を守るようにしましょう。
用法なども守らないと副作用の症状が酷くなってしまう場合がありますので注意して使用をしましょう。
また、毛生え薬には男性専用のものなどもあります。
女性や未成年の方などの使用はしないようにして下さいね。

また、国内の毛生え薬だから安全だという保障はありません。
髪をふさふさに健康に保つ為の育毛剤で、副作用に合い体調不良とならない為にも使用方法を守るようにしましょう。

毛生え薬:効果

最近は、髪の毛が薄くなってきたような気がする・・・。
抜け毛も多いような気がするな〜と悩んでいるあなた。
そこで毛生え薬を購入して使用をしている方もいるかもしれませんね。

そんなあなたに質問です。
あなたは、毛生え薬に頼り過ぎていませんか?
毛生え薬を使用しているからと言って、必ずしも悩みの種である毛が生えてくるわけではありません。

あなたの髪が薄毛や抜け毛が多くなってしまった理由とは何か分かりますか?
まずは、この薄毛や抜け毛の原因について抜け毛や薄毛の改善をしなくてはいけません。
例えば、寝不足や体調不良によるものであればしっかりと睡眠を取る事が大事です。
体調が悪ければまずは、あなたの体調を元に戻す事から始めましょう。

いくら値段の高い毛生え薬を使用していても体調管理がきちんとされていないと、その毛生え薬の効果も半減してしまうでしょう。
いや、もしかするとその効果はそれ以下かもしれません。
私達人間は、何においてもまずは健康であってこそです。
健康であるからこそ頭皮にも栄養が周り毛生え薬の効果が表れるという事なのです。

その毛生え薬には、外用薬タイプと内服薬のものがあります。
そして、発毛促進をかねて頭皮を生活に保つ方法として毛生え薬のシャンプーなども販売がされて使用をされている方も多いでしょう。
上記の毛生え薬を組み合わせてみる事で、その効果も上がるかもしれません。
ぜひ、毛生え薬の相乗効果を狙いたい所ですよね。

毛生え薬:使用時のポイント

現在は、たくさんの種類の毛生え薬があるかと思います。
薬局で毛生え薬を購入しようとした時に、たくさんの種類がありますよね。
そしてそのお店でイチオシ商品の毛生え薬を購入したあなた。
どの育毛剤を使用していても、なかなかその効果が表れず毛が生えてこない。
そういった方もいるでしょう。

前回もお話しをしましたが、育毛剤の使用は最低でも3ヵ月〜半年は利用してみる事をお勧めします。
ですが、それ以上ずっと使用をしていてもなかなかその効果が表れないという方もいるでしょね。
人によって毛生え薬の効果は様々だと思いますがずっと使用としてもなかなかその効果が表れないのであれば何か原因があるのだと思います。
毛生え薬の効果が見られない理由について考えてみましょう。

まず、考えられるのが毛生え薬があなたと合っていないかもしれません。
肌には乾燥肌や脂性肌、普通肌、混合肌といったように種類がありますよね。
頭皮にも、人により違っています。
まずは自分に合っている毛生え薬を使用される事が一番です。

また、頭皮の中にある毛穴。
この毛穴が詰まっていると大事な栄養分を毛穴から摂り入れる事が出来ません。
いくら良い毛生え薬を利用しているからと言って、毛穴が詰まっていてはその効果を発揮する事が出来ないでしょう。
頭皮の汚れが気になるのであれば、頭皮洗浄をまずは行うと良いでしょう。
頭皮を洗浄する事で毛穴の詰まりが無くなり、毛生え薬の栄養分を吸収しやすくなりますよ。