毛生え薬:血行促進の成分

抜け毛が気になり、毛生え薬の使用をされている方も多いでしょう。
毛生え薬には、どのような成分があるのか?
まずはその成分について調べてみましょう。

<毛生え薬の成分:血行促進タイプ>
血行促進の毛生え薬の成分として挙げられるのが、ミノキシジル、塩化カルプロニウムなどです。
その他には、センブリエキス、ニンジンエキス、セファランチンなども効果があると言われておりこの成分は頭皮の血行を良くしてくれます。
血行が良くなると毛根の働きが良くなり、さらに毛母細胞に必要な栄養分を送りやすくなる働きがあると言われています。
上記の成分について細かく説明していきましょう。

◇ミノキシジル、塩化カルプロニウム
こちらの成分は、高血圧の方に処方されている医薬品でもあります。
血管を拡張させ、そして血圧を下げる成分が含まれています。
血管拡張剤の一つでもあります。
この成分を使用している方の中に、多毛症になる方が多い事が分かり毛生え薬の成分として使用がされるようになりました。

◆センブリエキス
センブリから摂り出されている成分です。
このセンブリは、毛根への浸透性がとても高いので適度な刺激を与える事で血行を促進してくれる効果があります。

◇ニンジンエキス
血行を促進してくれ、荒れた肌などにも効果的なオタネニンジンのエキスです。

◆セファランチン
血液を促進してくれる働きがあります。
円形脱毛症などの治療に効果があるといわれています。
こちらのセファランチンは、以前は結核の治療薬として使用されていたそうです。

毛生え薬:効果

最近は、髪の毛が薄くなってきたような気がする・・・。
抜け毛も多いような気がするな〜と悩んでいるあなた。
そこで毛生え薬を購入して使用をしている方もいるかもしれませんね。

そんなあなたに質問です。
あなたは、毛生え薬に頼り過ぎていませんか?
毛生え薬を使用しているからと言って、必ずしも悩みの種である毛が生えてくるわけではありません。

あなたの髪が薄毛や抜け毛が多くなってしまった理由とは何か分かりますか?
まずは、この薄毛や抜け毛の原因について抜け毛や薄毛の改善をしなくてはいけません。
例えば、寝不足や体調不良によるものであればしっかりと睡眠を取る事が大事です。
体調が悪ければまずは、あなたの体調を元に戻す事から始めましょう。

いくら値段の高い毛生え薬を使用していても体調管理がきちんとされていないと、その毛生え薬の効果も半減してしまうでしょう。
いや、もしかするとその効果はそれ以下かもしれません。
私達人間は、何においてもまずは健康であってこそです。
健康であるからこそ頭皮にも栄養が周り毛生え薬の効果が表れるという事なのです。

その毛生え薬には、外用薬タイプと内服薬のものがあります。
そして、発毛促進をかねて頭皮を生活に保つ方法として毛生え薬のシャンプーなども販売がされて使用をされている方も多いでしょう。
上記の毛生え薬を組み合わせてみる事で、その効果も上がるかもしれません。
ぜひ、毛生え薬の相乗効果を狙いたい所ですよね。