毛生え薬:育毛初心者なら

毛生え薬にも少なからず副作用があります。
体に何らかの作用をもたらす薬品であるため、狙った効果以外の影響も出てしまうのは仕方が無いことといえるでしょう。
毛生え薬にありがちな副作用は、以前にも紹介したとおり。
毛を生えさせるつもりが、脱毛器で抜いたかのような逆の結果に・・・!というほどの重厚な副作用はさすがにありませんが、なるべく副作用の少ない商品を選ぶようにしなくてはなりません。

毛生え薬の有名なものとなると、その多くは米国など海外製品になります。
これらは生産国、及び日本ででも臨床試験がされているため、どのような副作用が懸念されているのか調べればすぐに分かるでしょう。
対し、国内産の製品には副作用があまり記載されていません。
これは臨床試験がされてないわけではなく、また副作用が皆無というわけでもなく、副作用を明確にしていない商品が出回っている危険性もあるということです。
もちろん、国内のものでも安全なものもあり、それらは人気商品を調べれば一目瞭然でしょう。

ただ、副作用がたくさん記載されている海外製品と、副作用が隠されているかもしれない国内製品、どちらを選んだら良いのか不安なときもあるかと思います。
おそらく毛生え薬初心者がこういった点で迷うかと思いますが、そんなときは効果が穏やかな毛生え薬を選ぶと良いでしょう。
効果が穏やかというのは、効果が弱いという意味ではありません。
直接毛が生えるような製品ではなく、予防のための製品ということ。
まずは、育毛ではなく、抜け毛予防から始めてみてはいかがでしょうか。