毛生え薬の種類

最近では、男性や女性と問わずに薄毛で悩んでいる方が多くなりました。
それに伴い、毛生え薬(育毛剤)なども多く売られています。
その種類も豊富で、次々に新しい毛生え薬が販売されています。
気になる髪にどの毛生え薬が効果があるのか?分からない事が多いですよね。
どれを購入すれば良いのか?さっぱり分からないという方もいるでしょう。

前回は、薄毛に原因について少しお話しをしましたが薄毛の原因は、人により様々ですよね。
まずは、自分の薄毛原因を知る事が大事だと言えるでしょう。
その原因を知り、毛生え薬を選ぶ事でその効果も高くなるかと思います。
それでは、現在、販売されている毛生え薬の種類についてご紹介しましょう。

◇毛生え薬:血行促進タイプ
頭皮の血行を良くするように促すタイプ。
毛乳頭の栄養を補給する事で、髪の成長を促すように作られている。

◆毛生え薬:男性ホルモン抑制タイプ
毛母細胞の働きを鈍くしてしまう男性ホルモンを抑えるように作られている。

◇毛生え薬:細胞を活性化させるタイプ
髪の毛に大切なビタミンなどを補給することにより、毛母細胞に直接働きかけます。
ビタミンを補給する事で細胞を活性化させる。

◆毛生え薬:皮脂分泌を抑制するタイプ
髪が生えてくるのに邪魔をする皮脂を抑制する。

毛生え薬の種類は大きく分けると、上記のような種類に分かれます。
誰もが自分に効果のある毛生え薬を使用したいと思われるかと思いますがその効果を知るにはある程度使用をしないと分からないかと思います。
最低でも、3ヵ月〜半年くらいは使用をしてみると良いかと思いますよ。