毛生え薬:髪の役割

髪は、どうしてあるのか?考えた事がありますか?
髪にはどんな理由があるのか?ご存知でしょうか?

私達人間は、大昔には全身を体毛で覆われていました。
ですが、現代の私達には頭部などは毛で覆われていますよね。
何故、大昔にあった全身を包む長い体毛が無くなったかと言いますと洋服を着るようになったからだと言われています。
私達の体は、暑さや寒さなどから自分の体を守る為に衣類を着るようになりました。
衣類を着る事で外からの危険を守る事が出来るようになり、体毛が要らなくなり退化していったと考えられています。

しかし、現代人の頭部は髪で覆われていますよね。
頭部は、脳などがあり私達にとってはとても大事な部分でもあります。
脳は、私達が物事を考えたりまた行動をしたりする司令をする役割があります。
髪は、この大事な脳を外部からの刺激から守ったり高温や低温など外気温から頭(脳)を守る役割があります。

私達は日々の生活の中で、体にとって有害な物質を体内の中へ摂り込まれてしまっています。
「有害物質なんて食べてない」とおっしゃる方もいるでしょうね。
ですが、農薬や魚介類の中に含まれている水銀やカドミウムなどを知らず知らずのうちに体内へ入ってきているのです。
また、ジュースや缶詰、鍋などから溶け出しているアルミニウムなども少なからず体内へ摂り入れられているのです。
上記のような有害物質が、体内で溜まってしまうとどうなると思いますか?
体の中で様々な所に悪影響を及ぼし、健康が損なわれてしまうかもしれません。

ここで、活躍するのが私達の体毛や髪。
体毛や髪はこの有害物質を体の外へ出してくれるのです。