毛生え薬:飲む毛生え薬

飲む毛生え薬が日本で認可されたのは2005年のことで、意外とまだ歴史が浅くなっています。
海外ではそれ以前からも使われており、フィナステリドという商品がアメリカのメルク社から開発・販売されていました。
今では「プロペシア」という名で日本でも知られており、万有製薬からこの飲む毛生え薬が販売されています。

飲む毛生え薬の効能は、脱毛の原因となるDHTというタンパク質が生成されるのを防ぐことです。
DHTは男性ホルモンで、育毛機能の妨げにもなります。
本来体機能として持っている育毛機能を活かしつつ、その妨げとなるDHTを押さえこむのが、飲む毛生え薬の役割です。

このDHTですが、髪に対しては脱毛の原因となるくせに、他の体毛に対しては成長を促進させるという面白い効果を持っています。
加齢するにつれて髪が薄くなりつつあるけれど、ヒゲは逆に濃くなってきてるなんてことがあれば、DHTが増加してきたためかもしれません。
そんなときこそ、飲む毛生え薬が役に立つでしょう。

DHTは男性ホルモンですが女性にも少なからずあるので、女性にも飲む毛生え薬の効果は期待できます。
ですが、今後妊娠・出産を考えているのであれば、胎児への影響が懸念されるため安易な服用は避けるべき。
子どもを産んだのが何年も前で妊娠の予定は無く、利尻ヘアカラーといった白髪染めに興味を抱くお年頃でしたら安心でしょう。

ちなみに、本来の発毛機能がほぼ失われていると効果は期待できませんので、ご注意ください。