毛生え薬:効果

最近は、髪の毛が薄くなってきたような気がする・・・。
抜け毛も多いような気がするな〜と悩んでいるあなた。
そこで毛生え薬を購入して使用をしている方もいるかもしれませんね。

そんなあなたに質問です。
あなたは、毛生え薬に頼り過ぎていませんか?
毛生え薬を使用しているからと言って、必ずしも悩みの種である毛が生えてくるわけではありません。

あなたの髪が薄毛や抜け毛が多くなってしまった理由とは何か分かりますか?
まずは、この薄毛や抜け毛の原因について抜け毛や薄毛の改善をしなくてはいけません。
例えば、寝不足や体調不良によるものであればしっかりと睡眠を取る事が大事です。
体調が悪ければまずは、あなたの体調を元に戻す事から始めましょう。

いくら値段の高い毛生え薬を使用していても体調管理がきちんとされていないと、その毛生え薬の効果も半減してしまうでしょう。
いや、もしかするとその効果はそれ以下かもしれません。
私達人間は、何においてもまずは健康であってこそです。
健康であるからこそ頭皮にも栄養が周り毛生え薬の効果が表れるという事なのです。

その毛生え薬には、外用薬タイプと内服薬のものがあります。
そして、発毛促進をかねて頭皮を生活に保つ方法として毛生え薬のシャンプーなども販売がされて使用をされている方も多いでしょう。
上記の毛生え薬を組み合わせてみる事で、その効果も上がるかもしれません。
ぜひ、毛生え薬の相乗効果を狙いたい所ですよね。

毛生え薬:使用時のポイント

現在は、たくさんの種類の毛生え薬があるかと思います。
薬局で毛生え薬を購入しようとした時に、たくさんの種類がありますよね。
そしてそのお店でイチオシ商品の毛生え薬を購入したあなた。
どの育毛剤を使用していても、なかなかその効果が表れず毛が生えてこない。
そういった方もいるでしょう。

前回もお話しをしましたが、育毛剤の使用は最低でも3ヵ月〜半年は利用してみる事をお勧めします。
ですが、それ以上ずっと使用をしていてもなかなかその効果が表れないという方もいるでしょね。
人によって毛生え薬の効果は様々だと思いますがずっと使用としてもなかなかその効果が表れないのであれば何か原因があるのだと思います。
毛生え薬の効果が見られない理由について考えてみましょう。

まず、考えられるのが毛生え薬があなたと合っていないかもしれません。
肌には乾燥肌や脂性肌、普通肌、混合肌といったように種類がありますよね。
頭皮にも、人により違っています。
まずは自分に合っている毛生え薬を使用される事が一番です。

また、頭皮の中にある毛穴。
この毛穴が詰まっていると大事な栄養分を毛穴から摂り入れる事が出来ません。
いくら良い毛生え薬を利用しているからと言って、毛穴が詰まっていてはその効果を発揮する事が出来ないでしょう。
頭皮の汚れが気になるのであれば、頭皮洗浄をまずは行うと良いでしょう。
頭皮を洗浄する事で毛穴の詰まりが無くなり、毛生え薬の栄養分を吸収しやすくなりますよ。

毛生え薬の種類

最近では、男性や女性と問わずに薄毛で悩んでいる方が多くなりました。
それに伴い、毛生え薬(育毛剤)なども多く売られています。
その種類も豊富で、次々に新しい毛生え薬が販売されています。
気になる髪にどの毛生え薬が効果があるのか?分からない事が多いですよね。
どれを購入すれば良いのか?さっぱり分からないという方もいるでしょう。

前回は、薄毛に原因について少しお話しをしましたが薄毛の原因は、人により様々ですよね。
まずは、自分の薄毛原因を知る事が大事だと言えるでしょう。
その原因を知り、毛生え薬を選ぶ事でその効果も高くなるかと思います。
それでは、現在、販売されている毛生え薬の種類についてご紹介しましょう。

◇毛生え薬:血行促進タイプ
頭皮の血行を良くするように促すタイプ。
毛乳頭の栄養を補給する事で、髪の成長を促すように作られている。

◆毛生え薬:男性ホルモン抑制タイプ
毛母細胞の働きを鈍くしてしまう男性ホルモンを抑えるように作られている。

◇毛生え薬:細胞を活性化させるタイプ
髪の毛に大切なビタミンなどを補給することにより、毛母細胞に直接働きかけます。
ビタミンを補給する事で細胞を活性化させる。

◆毛生え薬:皮脂分泌を抑制するタイプ
髪が生えてくるのに邪魔をする皮脂を抑制する。

毛生え薬の種類は大きく分けると、上記のような種類に分かれます。
誰もが自分に効果のある毛生え薬を使用したいと思われるかと思いますがその効果を知るにはある程度使用をしないと分からないかと思います。
最低でも、3ヵ月〜半年くらいは使用をしてみると良いかと思いますよ。

毛生え薬:髪と健康 U

髪は、「髪は健康のバロメーター」だと前回、ご紹介をしました。
その他にも、「髪は心のバロメーター」とも言われています。

というのは、ストレスなどで心が病んでいると髪にも影響が出てきてしまいます。
髪が抜け、薄毛になってしまう事もあります。
抜け毛や薄毛が気になり、いろいろな毛生え薬や育毛剤などを試している方もいるかと思います。
あれだけ薄毛で悩んでいたのに、ストレスが無くなったとたんに髪の悩みも無くなった…という方も実際にいらっしゃいます。
ストレスが解消された事で、髪が生えてきたという方もいるのです。
心が元気であれば髪も元気になり、逆にこれがストレスなどで心が病んでいれば髪も不健康サインを出しているかもしれません。
「髪は心のバロメーター」という事が理解できますよね。

この抜け毛や薄毛の原因は、人それぞれであり上記のようにストレスが原因となっている方や生活習慣の乱れが原因の方もいるでしょう。
その他には、食生活や運動不足そしてタバコや飲酒等が原因となっている事も多いです。
抜け毛や薄毛の原因で考えられるのが、血流の問題です。
血液の流れが悪いと頭皮にも血液が流れにくく、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。
タバコなどは、体の血液の流れを悪くしてしまうので頭皮にも血液が届かなくなり薄毛や抜け毛へと繋がってしまいます。
お酒は、適度の量であれば良いのですが毎晩お酒を飲み過ぎてしまう方であれば健康や髪にも良くありません。
薄毛や抜け毛は、大量に飲んだお酒のアルコールが原因となっている事もあるのです。

毛生え薬:髪と健康

私達、人間にとって大事な髪。
その髪が、一日にどれくらい抜けているか知っていますか?

その数は50本〜60本だと言われています。
そんなにたくさん毎日抜けてるの!?と驚かれている方もいるでしょうね。
私達の髪は、日々抜けてそして新しい髪へと作り出されてます。

最近は、髪が薄い事で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
昔までは、薄毛や抜け毛で悩む方と言えば中年の男性というイメージを抱いている方もいるでしょうね。
ですが、最近では若い女性の方でも薄毛で悩んでいる方も多くなりました。
年齢や性別を問わずに薄毛や抜け毛で悩んでいるという事なのです。

そして昔から、髪は健康のバロメーターだと言われていますよね。
髪は私達の体と大きく関係をしていると言われています。
髪の状態を見るだけで、その人が健康なのかどうか?を判断する事も出来るそうです。
その理由についてご説明しましょう。

私達は、朝・昼・晩と毎日食事を取ります。
この食事からエネルギーとなる栄養を摂り込んでいますよね。
一番最初に栄養分が届くのが、心臓や肝臓、そして脳などの生命に関わる重要な器官へ流れていきます。
そして、体が疲労していればその疲労を回復する為に摂り込まれた栄養分がそちらへ消費されていきます。
そして、最後に回ってくるのが髪や爪など生命には直接関係の無い所に栄養分が回ってきます。
残りの栄養分が髪に回ってくるのですから、髪が健康であれば当然ながら体も元気であるという事が言えるのです。

毛生え薬:髪の役割

髪は、どうしてあるのか?考えた事がありますか?
髪にはどんな理由があるのか?ご存知でしょうか?

私達人間は、大昔には全身を体毛で覆われていました。
ですが、現代の私達には頭部などは毛で覆われていますよね。
何故、大昔にあった全身を包む長い体毛が無くなったかと言いますと洋服を着るようになったからだと言われています。
私達の体は、暑さや寒さなどから自分の体を守る為に衣類を着るようになりました。
衣類を着る事で外からの危険を守る事が出来るようになり、体毛が要らなくなり退化していったと考えられています。

しかし、現代人の頭部は髪で覆われていますよね。
頭部は、脳などがあり私達にとってはとても大事な部分でもあります。
脳は、私達が物事を考えたりまた行動をしたりする司令をする役割があります。
髪は、この大事な脳を外部からの刺激から守ったり高温や低温など外気温から頭(脳)を守る役割があります。

私達は日々の生活の中で、体にとって有害な物質を体内の中へ摂り込まれてしまっています。
「有害物質なんて食べてない」とおっしゃる方もいるでしょうね。
ですが、農薬や魚介類の中に含まれている水銀やカドミウムなどを知らず知らずのうちに体内へ入ってきているのです。
また、ジュースや缶詰、鍋などから溶け出しているアルミニウムなども少なからず体内へ摂り入れられているのです。
上記のような有害物質が、体内で溜まってしまうとどうなると思いますか?
体の中で様々な所に悪影響を及ぼし、健康が損なわれてしまうかもしれません。

ここで、活躍するのが私達の体毛や髪。
体毛や髪はこの有害物質を体の外へ出してくれるのです。